MENU

医療機関で受ける永久脱毛は敏感肌にとって安全な脱毛方法

永久脱毛(医療脱毛)は敏感肌に負担になることもある理由

 

永久脱毛ができる医療脱毛では強いレーザーを当てることができますが、これが敏感肌には負担になってきます。しかし、必ずしもすべての敏感肌の人にこのレーザーが悪いというワケではありません。なぜなら、出力レベルは変えられるからです。スタッフの技術により敏感肌を守りながら脱毛ができるかどうかが決まってくるので、必ず強いレーザーが悪いというワケではありません。

 

また、脱毛機器によっても敏感肌向きのものとそうではないものがあるので、なるべく複数の機器から選択できるか、はじめから敏感肌にも対応できる最新機器を置いているクリニックを選んだほうがいいでしょう。

 

お肌へのトラブルの保証がちゃんとついていたり、出力が弱くてもコース内で脱毛が完了できる仕組みがあるなど、脱毛への保証がしっかりとしているっところを選ぶことも大切です。

 

ただ、アトピーが現在ひどい状態、肌荒れがひどい状態だとさすがに医療脱毛でもそのときは施術できないことがあります。お肌に優しいタイプの機器でもやはり悪化してしまう可能性があるからです。そのため、スタッフである看護師や医師の診察を受けながら施術することが、敏感肌にとって脱毛をするときの大事なポイントとなります。

ただし医師のいる永久脱毛(医療脱毛)は、敏感肌・アトピーには安心

 

医療脱毛であれば、敏感肌やアトピー肌などもともとトラブルを抱えているひとでも永久脱毛が可能です。たとえ自分でムダ毛処理ができないほどのトラブル肌でも、レーザー脱毛でキレイにすることができます。

 

なぜなら、医療用レーザーは毛根にある黒色細胞に反応するだけなので、お肌に余計な刺激を与えずに済むからです。お肌のトラブルでも炎症がひどかったり、色素沈着の程度によっては逆に受けられないこともありますが、敏感肌やアトピー肌だからといって受けられないということはありません。

 

さらに医療脱毛では医師がお肌の診断をしてくれるので、脱毛も安全に行うことができます。また、その時の肌の状況に合わせて照射パワーを変化させることができるので、お肌の調子がいいときは出力を高く、トラブルが起きがちな季節などは弱くすることができ、最短スピードでの脱毛ができます。

 

脱毛の回数を少なくして通う期間も短くなれば、それだけお肌への負担も減ります。アトピー肌や敏感肌の場合、このように負担が少なくて済み医師もいるクリニックでの脱毛が合っています。

 

敏感肌の人は必ず申告して、低温から脱毛してもらいましょう

 

敏感肌だと申告すると、出力レベルを下げられあまり効果が出なくなるのではと心配になる人もいることでしょう。しかし、お肌にトラブルが起きてからだとさらに出力を上げることができなくなります。あらかじめ申告しておきよけいなトラブルは避けたほうが無難です。

 

申告すると患者に合わせてまずは低温から脱毛してもらうことができます。そして大丈夫であれば出力レベルを適切な値まで上げてくれます。医療レーザーは高い照射パワーが魅力で、脱毛回数が少なくて済むのが特徴です。その特徴を生かすべくスタッフもできる限りの照射出力に設定してくれます。

 

効果を気にするよりも、まずはその時の肌に合った出力レベルにすることが敏感肌の人にとって何より大切なことになります。医師が診察するにしても施術をするのは看護師なので、施術者ともコミュニケーションをとっておきましょう。敏感肌であることと毎回低温から始めてみるというひと手間を加えるだけで、後々のトラブルを避けられます。

 

肌への負担が少ない永久脱毛@湘南美容外科ウルトラ脱毛の紹介

 

湘南美容外科のウルトラ脱毛は、ドクターパルス脱毛とも言い、メラニン色素だけではなくバルジ領域にも反応して破壊する脱毛方法です。違う波長を複数同時に当てることでたくさんのメラニンを破壊しながら毛根にダメージを直接もたらします。しかもマイナス10度に冷却しながら高速で連続照射して脱毛するので、お肌への負担が少なくより安全に脱毛することが可能です。

 

IPLレーザーを利用したこのウルトラ脱毛は、もともとエステサロンで美肌のために使われていたレーザーです。ニキビ跡の改善や毛穴を引き締め、お肌のくすみにもいいので、脱毛をしながら美肌に近づくことができます。

 

ウルトラ美容脱毛はほぼすべての箇所で照射が可能です。vioラインも顔もこの脱毛方法で施術できます。太い毛でも細い毛でも脱毛効果を感じられますし、医療脱毛ならではのスピード脱毛を受けたいならこのウルトラ美容脱毛です。

 

湘南美容外科クリニックではテスト照射や薬の添付も無料なので、敏感肌でも安心して受けることができます。また、初心だけではなく再診料もかからないところも、肌トラブルが起きやすい人にとって安心して受けられる理由です。

 

肌への負担が少ない永久脱毛Aリゼクリニックの紹介

 

リゼクリニックは徹底的に患者へリスクを公開しています。なぜリスクを公開しているかというと、それに対する対応策をちゃんとしているからです。例えば施術直後には皮膚が赤くなったり点々とむくみが見られることがあります。毛が濃かったり太い部分はさらにヒリヒリとした感じがありますが、これに対してリゼは炎症を止めるための軟膏を無料で出してくれます。

 

脱毛ではお肌のバリア機能にダメージを受けがちですが、そのさいに毛穴に雑菌が入ると毛嚢炎という毛穴の周囲が赤くなったりニキビになるような炎症が起きます。このさいもただちに診察が受けられ、軟膏や内服薬を無料で商法してもらうことが可能です。

 

レーザー脱毛を受けると、硬毛化や増毛化のリスクもあります。硬毛化では毛が濃くなったり硬くなる現象が、増毛化は文字通り毛が逆に増えてしまうなどの症状で、原因はよくわかっていません。照射を続けることで対策をしますが、コースが終了してもこの症状があると完了しない可能性があります。

 

リゼクリニックの場合、この症状が出た部位に関してコース内で脱毛が終わらなかったときに無料で再度照射してくれる保証をつけています。有効期間は最大1年間なので、その間に照射し直すことでこのリスクを避けることができます。

 

打ち漏れに対するリスクも、追加照射をするために優先して予約が取れるようにしてくれるうえ無料で照射してもらえます。

 

さらに肌が弱い人にとって特に避けたい火傷のリスクですが、クリニックなのでもし起きてしまった場合でも医師が診察や治療をしてくれ、お薬のも無料で出してくれます。もちろん、火傷が起きないようにスタッフがレーザーの出力を一人一人に合わせて調節できるように訓練しているので、レベルの高い脱毛を受けることが可能です。

このページの先頭へ