MENU

永久脱毛ではデメリット面も知っておくと適切な対処で回避できる

永久脱毛をする前に知っておきたいデメリット

 

永久脱毛は強いレーザーでするため、デメリットも存在します。痛みを感じやすいというのはよく言われていますが、他にも火傷や色素沈着、毛嚢炎に硬毛化などさまざまな副作用も実際に起きています。起きる割合の高いものもあれば、ほんの数パーセントの人にしか起きない現象もあるので、すべての人が気にする必要はありません。

 

しかし、肌質も毛質もみんな違うのでリスクを負いやすい人というのは必ずいます。特に毛が太くて硬いうえ毛深い、敏感肌などトラブルを抱えている人は要注意です。そうした人は起きやすいことも事前にわかりやすいですが、全くそのような症状がなくてこのデメリットが出てしまう人もいます。

 

デメリットはあらかじめ知っておくと誤った対処をせずに済み、悪化させるという事態を防ぐことができます。クリニックではこのデメリットに十分対処するための仕組みを作っているので、うまく回避するためにも自分自身で知っておいたほうがいいでしょう。

永久脱毛のデメリット@痛みと火傷リスク

 

永久脱毛は医療用レーザーを使うので、痛みを感じる人も多いです。高い出力にすればするほど痛みは感じやすく、麻酔処置を望む人もいます。これは使うレーザーにもよって違いますし、痛みを感じるレベルは人それぞれなのですべての人が苦痛であるとは限りません。

 

しかし、エステでの脱毛や自己処理よりも痛みを感じることもあるということは頭にいれておいたほうがいいでしょう。

 

また、永久脱毛で知っておかなければいけないリスクとして、火傷のリスクがあります。これは事前に医師から説明があり、火傷の可能性がある肌をしている人は施術を断られることもあります。特に地肌の黒い人は火傷になるリスクが高いですし、アザがある人も要注意です。

 

地肌が黒くなくても、熱量を与えて脱毛するというレーザーの仕組みを見れば、火傷のリスクは常にあることは避けられないことは明白です。熱がなければそもそも脱毛できないのですから、全くリスクなしにはできないということです。火傷を負わない程度に脱毛効果を発揮できるレベルにまで出力を上げる必要があるので、施術者の技術レベルを見極めるため経験値も聞いておいたほうでしょう。

 

永久脱毛のデメリットA色素沈着・毛嚢炎・硬毛化のリスク

 

永久脱毛をするとき、医療用レーザーの強い照射により皮膚にある毛穴の周りが炎症を起こします。このとき、軽くヒリヒリとした感じを受ける人も多いです。この炎症が特に起きやすいのは、濃く太い毛がびっしりと生えているところです。

 

炎症は1週間ほどで落ち着きますが、強く反応が起きた場合は軽くですが腫れることもあります。そして色素沈着が起きる理由として考えられているのが、この傷ついたお肌を修復するときに発生するメラニンです。

 

脱毛後は毛嚢炎という、ブツブツが肌に現れる炎症が起きる人もいます。これは毛穴の奥にある毛包部分に菌が入るためです。この毛嚢炎は炎症が強くて起きているパターンと、菌が主に悪さをしているパターンの2種類があり、後者のほうが女性はかかりやすいです。

 

悪さをする菌は誰でも持っているものであり、脱毛によって皮膚のバリア機能が一時的に下がると悪さをし始めるだけなので、クリニックで適切な対処をすれば治ります。

 

硬毛化は脱毛したのに毛が太くなる現象で、産毛が黒い毛になったり、もともと生えていような場所にも毛が目立つようになるという状態です。その原因は実は解明されていませんが、毛の細胞を活性化させてしまうことによって起きるとされています。レーザーは黒い色に反応するので、細い毛だとあまり反応せず刺激する程度になってしまうため、このように逆に毛を促進させてしまうことがあります。

 

永久脱毛のデメリットB脇汗が止まらなくなる

 

脇になぜ毛が生えているかというと、脇には大切な神経やリンパがありそれを守る役割を毛が果たしているからです。肩関節は自由自在に動く分、腕を動かすことで脇が擦れがちですがそれを防ぐ役割も果たしています。

 

さらに脇は汗をよくかきやすい場所であり、脇毛はその汗を発散させる役割も担っています。脇にあるアポクリン線はホルモン物質を含み異性を惹きつける汗も出しますが、それを脇毛が拡散させる役割をするという説があります。

 

脇を脱毛するとその汗が増えるという人もいますが、実際にはそう感じるだけで増えているわけではありません。なぜ増えていると感じるかというと、汗をからめ取る脇毛がなくなることにより、肌に直接汗が伝わるようになったからです。

 

つまり、汗のクッションとなっていたものがなくなったため汗が増えたと感じるだけです。服を着ていないと汗が吸収されず皮膚に汗が伝わるのと同じです。脱毛レーザーでは汗腺に作用するわけではないので、汗そのものが増えるということはありません。

 

デメリットを上回る永久脱毛のメリットとは

 

色素沈着はレーザーによって改善することができます。永久脱毛ができるクリニックでは、同時にシミなどの美容治療も行っていることが多いので、一緒に治療の相談をすることも可能です。

 

色素沈着を気にして自己処理を続けていくと、ますます黒ずみがひどくなったり最悪の場合細菌が入りしこりができるということもあります。毛抜きで自己処理をしている人は、埋没毛になってしまっている人も少なくありません。脱毛クリームならいいかというと、それも毛根が開き毛穴が目立ちがちになります。そもそも敏感肌だとすぐ炎症につながります。

 

自己処理のほうがよほどデメリットが多いので、できれば永久脱毛で事故処理不要のお肌を手に入れたほうがいいでしょう。そもそも永久脱毛で起きるトラブルは自己処理でも起きる現象が多く、しかも自己処理のほうがもっとお肌に悪影響を及ぼす可能性が高いからです。

 

vioラインで言えば、生理中にムレたりすると衛生面でも心配がありますし、ビキニラインでは自己処理により肌が弱っているところへさらに摩擦が起きて炎症し、黒ずみが発生します。

 

脱毛で硬毛化が起こったとしても熱量を強くしたり波長を変えたり、長く通って新たに生えた毛も脱毛処理をするなど対策をすれば解消できます。

 

永久脱毛は一度すればほぼ自己処理がいらなくなる治療であり、美肌効果も期待できる方法です。確かにリスクはありますが、その後の自己処理にかかる労力やコスト、リスクを考えるとするだけの価値があります。

このページの先頭へ